良質な睡眠も若年性更年期を抑える。ホルモン分泌を高める方法

良質な睡眠は、若年性更年期障害の症状を抑えるのに役立ってくれます。
とは言え若年性更年期だからこそ、質の良い睡眠をとるのは難しいですね。

睡眠が身体にどう良い影響をもたらすのか?また寝不足がどう悪影響を与えるのか?
これらの関係性を知ると、心地良い睡眠ライフを送ることが大切だと感じてきます。

心地良い睡眠ライフを送ることが大切

スポンサーサイト

睡眠時間だけが「寝不足」ではない!良質な睡眠とは?

「しっかり寝たはずなのに眠い」こういうことは多くの人が経験しているでしょう。

一般的には、6~8時間が理想の睡眠時間と言われています。
しかし、しっかり睡眠時間を確保していても「眠気」を感じる場合。
この場合は良質な睡眠が取れていない可能性があります。

寝不足になるのは、睡眠時間だけの問題ではありません。
しっかりと心と身体を休ませる「良質な睡眠」こそが重要になってきます。

若年性更年期障害と睡眠の関係について

寝不足や、質の悪い睡眠。
これらは若年性更年期障害を招く要因の1つとして、良く挙げられるものです。

睡眠は身体を休める時間ですが、実は体内では色々な活動が行われています。

睡眠中は成長ホルモンを分泌して、血液から栄養を運び身体をリラックスさせます。
そして身体の疲れを回復したり、ストレスを解消する働きをします。

寝不足や質の悪い睡眠が続くと、心と身体の回復が完全に行われないままになります。
その状態で毎日を過ごすと、ホルモンバランスや自律神経に影響を与えることになるのです。

若年性更年期は良質な睡眠をとるのが難しい?

女性ホルモンの1つであるプロゲステロン(黄体)は眠気を招く睡眠作用があります。
ですが同時に身体の体温も高める為、質の良い睡眠になりません。
よく「月経前や妊娠中は、ずっと眠い」というのは、このプロゲステロンが影響しています。

本来ならプロゲステロンと一緒にエストロゲンが作用し、バランスが保たれます。
しかし若年性更年期によりホルモンバランスが乱れている場合。

  • なかなか寝付けない
  • 寝ているはずなのにスッキリしない
  • 睡眠時間が短い(長く眠れない)

こういったことが起こりやすくなってしまいます。
そのため質の悪い睡眠から回復できない…という悪循環に陥ってしまうのです。

若年性更年期障害の時は、普段より睡眠をとるのが難しいかもしれません。
しかし睡眠中は、ホルモン分泌の大切な時間です。
少しでも快適な睡眠をとるために、自分で取り組んでいくことが大切になってきます。

快適な睡眠ライフのオススメサポート術

若年性更年期障害の負担を軽減するための、質の良い睡眠ライフ。
まずは、自分で取り組んでいける方法を始めてみるのがオススメです。

  • 食事は睡眠の3時間前にとり「満腹感」が落ち着いてから就寝する
  • 入浴は睡眠の30分前にとり「湯冷め」が始まってから就寝する
  • ベッドでは光の刺激を避けて「携帯・スマフォ」を触らない
  • 朝起きたら「太陽の光を浴び」光の刺激から目覚めを感じる
  • 眠りの浅いレム睡眠を続けてしまうため「二度寝」は避ける

食事や睡眠や光は刺激となり、入眠や睡眠に影響を与えてしまいます。
少しでも負担を軽くするために、刺激を防ぐ意識をしていきましょう。

逆に、この刺激を活用したいのが朝の目覚め。
光を感じることで、体内時計のリズム調整にも良いアプローチとなってくれます。

もちろん香りや間接照明、目や心に優しい色のシーツなど、リラックス作用も効果的です。
ですが生活習慣に関係した改善方法は、睡眠以外にも若年性更年期対策として役立つものです。

是非、こういった生活リズムを整える方法を実践していって欲しいと思います。

スポンサーサイト