[若年性更年期を改善]食事で摂れる有効な栄養成分

若年性更年期障害の負担を軽減させるには、幅広く豊富に栄養素を摂りましょう。
さらに栄養成分に注目すると、女性ホルモンや自律神経に良い働きをするものも。

そこで、若年性更年期に役立つオススメの栄養成分をまとめてみました。

心と身体に良いアプローチをしてくれる栄養成分を摂るようにしましょう。
そうすれば、ストレスを和らげ健康的な毎日を過ごすことができるようになります。

スポンサーサイト

食材の豊富な栄養成分からホルモンへアプローチを

若年性更年期の症状は、ホルモンバランスの乱れが大きく影響しています。
これは、加齢による子宮機能の低下で起こる更年期障害とは違う要因です。

そして他にも様々な要因が重なるので、原因は人によって違ってきます。
そのため様々な栄養を広く摂取して、食生活で体調を整えることが大切になります。

特に栄養成分の中では、女性ホルモンのバランスを整えるものがオススメです。
または、視床下部に良いアプローチをしてくれる成分を活用するのも良いでしょう。

栄養素を知ると、食事やサプリメントなどの効果的な選び方に役立ってくれます。

若年性更年期障害に役立つオススメの栄養成分

数ある食材の栄養成分から、若年性更年期障害に役立つタイプをまとめました。
特徴や気をつけたい注意点を覗いてみましょう。

タンパク質

大豆イソフラボン

タンパク質は健康面でも欠かせない栄養素。
中でも大豆イソフラボンは女性ホルモンの一種エストロゲンと似た構造です。
この成分は乱れたホルモンバランスに作用し、バランスを整えるのに役立ちます。
また、耳鳴りや肩こりといった若年性更年期の症状改善にも期待ができます。

ビタミン

ビタミンD

ビタミンDは直接、女性ホルモンにアプローチする作用はありません。
しかし最近、うつの予防に優れた効果を発揮することが分かり注目を集めています。
また、カルシウムから骨を生成するのにも欠かせない栄養成分です。
若年性更年期特有の気分の落ち込み改善や、健康的な体作りに必要な栄養成分です。

ビタミンB1

ビタミンB1は脳にある神経系のコントロールに使われます。
不足すると精神的な不安感やイライラ、集中力の低下を招いてしまうことに…。
ビタミンB1を摂取して不足を防ぐことが症状改善へのカギとなってきます。

ビタミンB6

タンパク質の分解や合成に役立つビタミンB6。
この成分は神経伝達物質の合成にも必要なものです。
自律神経に良い作用があり、精神安定やホルモンバランスの調整に役立ちます。
更年期障害はもちろん、若年性更年期やPMS(月経前症候群)にも効果的です。

ビタミンB7(ビチオン)

ビオチンとも呼ばれるビタミンB7。
この成分はエネルギー代謝をする酵素のサポート的役割を担っています。
最近ではアンチエイジング効果で注目を集めています。
また他にも、倦怠感や疲労感、気分の落ち込みを防ぐ作用もあります。

ミネラル

亜鉛

亜鉛はホルモン分泌の活性化も主な働きで、卵巣には多くの亜鉛が存在します。
過剰なダイエットやストレスによる若年性更年期の場合、亜鉛不足の可能性が高いです。
このことから、亜鉛を摂取するとホルモンバランスを整える効果が期待できます。

鉄分

美容や貧血防止に鉄分は有名です。
しかし実は、月経周期を整えたり子宮機能の正常化にも欠かせません。
また鉄分も亜鉛同様に、子宮のホルモン分泌に影響を与えます。
鉄分不足が若年性更年期の症状を強めてしまうことも…。
貧血以外にも動機やめまい、息切れ等の緩和にも役立つので大切な栄養成分と言えます。

カルシウム

女性は男性に比べ骨量が少なく、カルシウムは重要な栄養成分です。
また子宮機能の低下により、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減ってしまった場合。
エストロゲンはカルシウムの吸収率を高める働きがあり、骨粗しょう症などを招く恐れも…。
女性の健康的な体づくりとして、カルシウムも忘れてはいけない存在です。

スポンサーサイト