そもそも若年性更年期障害とは?更年期との違い

20代や30代で起こる可能性がある若年性更年期障害。
症状は更年期やプレ更年期と似ているものの、まったく同じものではありません。

その違いを知ると、更年期と無縁なはずの若い女性に起こる理由が見えてきます。
若年性更年期障害の改善方法を知り、少しでも負担を軽くしていくことが大切です。

スポンサーサイト

若年性更年期障害とは?更年期障害との違い

本来女性の身体は、年齢を重ねるにつれ卵巣の中にある卵胞が減少していきます。
これは自然の流れで、誰でも起こりうること。
この卵胞が減少することによって、月経もなくなり「閉経」へと変化していきます。

一般的には閉経は50歳前後で迎えると言われています。
この閉経前に「更年期障害」として、体に様々な不調を起こすようになります。
年齢で考えると、40代半ばころから更年期障害が起こる女性が多いようです。

では、若年性更年期障害とは何でしょう?
更年期とは無縁の20代30代の女性が、更年期のような症状になることを指しています。
まだ卵巣も活発に活動している20代30代が、似た症状で悩まされているのです。

若年性更年期障害と一般的な更年期障害の違いは「対象年齢が違う」という点。
実は、その更年期障害が起こる理由も違っています。

20代30代でも当てはまる?その理由とは

若年性更年期と更年期の症状が起こる理由に注目してみましょう。
更年期が起こる理由には次のようなことがあげられます。

  • 閉経による卵胞の機能低下
  • 卵巣の機能低下によるホルモンバランスの乱れ

ですが若年性更年期が起こる理由はホルモンバランスの乱れが大きな理由です。

ホルモンバランスが乱れる原因は、卵巣の機能低下だけではありません。
ほかにも「ストレスや刺激」といった要因が考えられます。
また他の要因も重なると、卵巣機能自体にも悪影響を与えてしまうようです。

閉経に伴う卵巣機能の低下で起こる更年期障害。
これとは違い「複合的な要因」で症状が起こる点が、若年性更年期の特徴と言えるでしょう。

若年性更年期障害の解決策

一般的な更年期障害との違いや症状が起こる理由。
これらを知ると、20代や30代でも起こる可能性があるのが頷けます。

ストレスなどでホルモンバランスが乱れる可能性は、当てはまる女性も多いはず。
そのため、最近では若年性更年期障害に悩まされる人が増えているのかもしれません。

とは言え、若くして早期閉経という可能性もゼロではないのです。

まずはストレスや刺激の負担を軽減したり、生活習慣の見直しを心がけましょう。
それでも不安なら、病院に頼ってみるのも若年性更年期障害の解決策には良いと思います。

スポンサーサイト