これは若年性更年期?ホルモンバランスの乱れ?

ホルモンバランスの乱れによる体調不良は色々あります。

若年性更年期も、更年期でよく起こるホットフラッシュなどの症状が一般的。
ですが実は普段の生活で感じる肌トラブルや、見落としがちな体調不良もあります。

ホルモンバランスの乱れからくる自律神経への影響など。
様々な体調不良を知ると、ホルモンバランスの改善の大切さが見えてきます。

スポンサーサイト

ホルモンバランスの乱れからくる体調不良はこんなことも…

若年性更年期障害は、ホルモンバランスの乱れから様々な体調不良を招きます。
一般的には、更年期障害や自律神経失調症と似た症状が当てはまるでしょう。

中でもホットフラッシュと呼ばれる、のぼせやほてり、発汗などは有名。

この症状はホルモンバランスが乱れて、自律神経が影響を受けることで起こります。
血管が膨張し、温度調整ができなくなっているのです。

ですが、気がつきにくい体調不良として次のようなものもあります。

ホルモンバランスの乱れからくる体調不良

  • 顔のシワ、たるみ
  • 肌のくすみ、シミ
  • 眼精疲労、ドライアイ
  • 老眼
  • 不眠
  • 肩こり、腰痛
  • 頻尿・尿もれ
  • ドライマウス、口臭

「これもホルモンバランスの乱れが原因なの?」と驚く人もいるかもしれませんね。

毎日の生活で感じている小さな悩みや困り事。
もしかしたら、ホルモンバランスの乱れが影響しているのかもしれません。

このような体調不良に繋がるのはナゼ?

ホルモンバランスや自律神経の乱れ。
これらは特に、女性に様々な影響を及ぼします。

例えば、ホルモンの一種であるエストロゲン。
これが減少すると、肌の皮膚を薄くしてしまうことになります。

また、ハリや弾力に欠かせないコラーゲンにも影響を与え、シワやたるみを招きます。
乾燥や紫外線といったダメージも受けやすくなり、くすみやシミも起こってしまいます。

一方自律神経は、字の通り自分の考えとは別に自律した神経として働きます。
この神経は血管や内臓、筋肉など様々な部分に働きかけます。

自律神経が乱れると、筋肉や血液循環が正常に働かなくなります。
そうすると目や肩、腰などに色々な症状を引き起こしてしまいます。

一見関係がないように見えるドライマウス。
自律神経の乱れで緊張状態となり、だ液の分泌が減ることで出る症状です。
唾液の分泌が減ると、口臭以外にも虫歯や歯周病の原因になるので気をつけましょう。

ホルモンバランスの乱れによる体調不良はどうしたらいい?

これらの症状は、若年性更年期障害としてもあらわれるものです。
体調不良を改善するためには、ホルモンバランスの乱れを整えることが大切。

また、視床下部を通して影響を与える自律神経も意識していく必要があります。

不規則な食生活や生活習慣を見直すだけでなく、ストレスの軽減も意識しましょう。
女性ホルモンや自律神経に良い栄養素を取り入れていくのもオススメです。

スポンサーサイト