20代、30代で更年期?「老い」ではなく「生活習慣」

若年性更年期障害と聞くと、年齢とのギャップや更年期のイメージを持たれます。
そのため、周りに理解されてもらえなかったり「老い」を連想されたり…。

恥ずかしさや孤独感を感じて人に相談できず、悩みを抱えている女性は多いようです。
しかし自分も目を逸らすのではなく、若年性更年期の改善へ向き合っていくことが大切です。

スポンサーサイト

若年性更年期障害に抱くイメージ

若年性更年期障害という言葉。
知らない人が耳にすると、次のようなイメージを抱くことが多いようです。

  • 更年期より少し早い40代前半で起こる
  • あまり悩む人が多くない、珍しい病気
  • 若いのに体内が老化してしまった
  • 更年期よりは症状が軽い

実は、これらは間違ったイメージ。
正しくは次のようなことが言えます。

  • 若年性更年期障害は20代や30代でも起こる可能性がある
  • 悩みを抱える女性は多く、けっして珍しい話ではない
  • 色々な要因によるホルモンバランスの乱れが原因
  • 更年期と同じような重い症状が出ることも

更年期障害は、女性が年を取り閉経することによって起こるもの。
そのため「老い」というイメージが強くなってしまいます。

仲の良い友人に相談しても「何言ってるの」と笑われてしまった女性も。
まだまだ、正しい知識をもつ人は少ないのかもしれません。

意外に多い?若年性更年期障害で悩む女性

ですがその一方で、若年性更年期障害で悩む女性は増加していると言われています。

  • 不規則な食生活
  • 寝不足
  • 社会や生活でのストレス
  • 身体の冷え
  • 乱れた生活習慣

これらの原因でホルモンバランスが乱れ、若年性更年期障害に繋がっています。
ですが現代人なら、男女問わず思い当たる節が多いのではないでしょうか?

また若年性更年期障害による症状にも、様々なタイプがあります。

本人が辛さを実感する症状だけでなく、見落としがちな小さな変化や体調不良。
自覚症状がない女性も含めると、若年性更年期障害で悩む女性は非常に多いのかもしれません。

気になることや改善、その付き合い方

若年性更年期障害に悩む女性の中には、恥ずかしさや孤独感を抱いている人もいます。
ですが、けっしてそのようなことはなく「自分だけが」と苦しむ必要はありません。

若年性更年期に目を背けず、向き合うことが大切です。
負担を改善するために時間をかけて取り組むことが、最善の付き合い方となってきます。

スポンサーサイト