若年性更年期障害のよくある症状(身体的なもの編)

若年性更年期障害は、身体に様々な症状を招いてしまいます。
その理由は、ホルモンバランスの乱れが自律神経に影響してくるためです。

症状の内容を知ると、自分では若年性更年期障害と気がつきにくいものもありました。

スポンサーサイト

若年性更年期の影響が身体に出てくる理由

若年性更年期は、色々な要因でホルモンバランスが乱れることが主な原因です。

卵巣から分泌されているホルモン。
それをコントロールしているのは脳にある視床下部や脳下垂体です。
ホルモンバランスが乱れると、視床下部や脳下垂体も影響を受けてパニック状態になります。

視床下部や脳下垂体は、ホルモンだけでなく自律神経も扱う部分。

  • 興奮やリラックスといった感情の起伏
  • 血管の収縮や拡張
  • 心臓の脈拍や呼吸

こういった、身体の色々なコントロールをしている場所でもあります。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。
この2つが内蔵や血液、呼吸など人間に欠かせない働きをしているのです。

そのため、ホルモンバランスが乱れて若年性更年期になった場合。
身体の様々な場所に症状として現れてしまうのです。

若年性更年期障害の身体的症状

若年性更年期障害の身体的症状は、以下のようなものがあります。

  • 生理不順、不正出血
  • ほてり、のぼせ、多汗
  • 手足の冷え、むくみ
  • めまい、耳鳴り
  • 手足のしびれ
  • 動悸、息切れ
  • 食欲不振
  • 頭痛
  • 便秘、下痢
  • 白髪、薄毛
  • 肌の乾燥・かゆみ

ほてりや手足の冷え、めまい、動機などは更年期障害としてもよく知られる症状です。
若年性更年期でも同じように、辛い症状としてあらわれることが多いでしょう。

ですが、食欲不振や頭痛、便秘、薄毛、肌の乾燥など。
こういったものが、若年性更年期の症状と気がつく人は少ないかもしれません。

見落としがちな変化ですが、これらの症状があるようなら気をつける必要があります。

身体の負担を和らげる若年性更年期の改善方法とは?

若年性更年期による身体の負担を和らげる方法。
生活習慣の見直しなど「自分で取り組んでいく」ことが効果的です。

病院での治療という方法もありますが、まだ深刻な状態でない場合。
薬を使った治療よりも、自分で取り組む改善方法を提案されることもあります。

もちろん病院に頼るのも選択肢の1つですが、普段の生活を改善していくことは欠かせません。
若年性更年期と向き合う、良い手助けになってくれるでしょう。

スポンサーサイト