若年性更年期障害の改善に大切な3つのポイント

若年性更年期の対処として、病院で薬を処方してもらう方法があります。

ですが病院で治療する場合も、すべての症状に薬を使うとは限りません。
生活習慣の改善や見直しで、取り組んでいく場合もあります。

そこで、自分で取り組める方法についてまとめてみました。
症状によっては、自分で取り組む改善方法でも大きな効果が得られることがあります。

スポンサーサイト

若年性更年期障害は治る?

実は、若年性更年期障害という病名は正式には存在しません。
さらに症状も多岐にわたる為、次のような意見もあります。

  • 卵巣の機能低下が原因ではないので、更年期という表現はおかしい
  • 若年性でも、稀に卵巣の機能低下の可能性もある(早発性卵巣機能不全)
  • 若年性更年期に注目し、早期閉経など他の病気を見落としてしまう

このように、若年性更年期障害という言葉自体に否定的な考え方の人もいます。

一般的には、自律神経失調症の一種として扱われる若年性更年期障害。
そのため治療は、産婦人科や心療内科などで行うことが多くなります。

病院での治療では、ホルモンバランスを整えるための注射や処方箋などを行います。
またそれらに加え、生活習慣の改善なども大切な取り組みとなってきます。

また症状が重くない人は、投薬などをせず改善方法の提案だけの場合もあるようです。

治療だけでなく自分で始める取り組みも大切

自分で何の症状なのか判断がつかなくて不安な場合は、もちろん病院に行きましょう。
とは言え病院に頼るだけでなく、自分で行える改善方法に取り組むことも重要です。

投薬治療では副作用のリスクもあり、保険対象とは言え治療費もかかります。

若年性更年期に向けて生活習慣を見直すと、心にも身体にも良いアプローチとなります。
規則正しい生活を心がけて、症状の緩和に努めましょう。

改善に大切な3つのポイント

若年性更年期障害の改善方法のポイント。
生活習慣の見直しをしながら、心と身体を健やかに維持することが重要です。

つまり衣食住にまつわる、毎日の生活の中に改善方法があるのです。

規則正しい食事できちんと栄養を摂る

生活習慣の見直し

広く、毎日の生活の内容について着目してみましょう。

仕事をしている人から家事や育児をする人など、環境も人により大きく違います。
その中で睡眠や運動、ダイエットなどが身体に良いものになっているのか考えてみましょう。

  • たくさん寝ているのに眠い…
  • 毎日忙しくて寝不足
  • 最近スポーツのやり過ぎで疲れている
  • とにかく痩せたいので無理なダイエットをしている

このようなことが、若年性更年期障害の症状を重くする要因になっているかも…。
心と身体に無理ない健康的な生活を過ごすことが大切です。

ストレス解消・リラックス作用

若年性更年期の辛い症状に、焦燥感やイライラ、気分の落ち込み等があります。

このような感情や気分は自律神経の乱れによるもの。
意図せず、自分自身が振り回されてしまうこともあります。

自律神経を整えるためには、ストレスを解消しリラックスするようにするのが重要です。

友達や家族とおしゃべりをして楽しんだり、一人でゆっくり時間を過ごしたり。
また手軽にできるリラックス方法の実践や、助けとなる便利アイテムの活用もオススメです。

明るく楽しむ気持ちが神経をリラックスさせ、良い作用をもたらしてくれます。

規則正しい食事

若年性更年期は身体のホルモンバランスが乱れることで、色々な症状を引き起こします。

そのため、規則正しい食事できちんと栄養を摂ることが大切となってきます。
偏りなく摂取するだけでなく、若年性更年期に良い栄養成分も積極的に摂りましょう。

しかしホルモンや自律神経を整える食べ物は、人によっては苦手という場合もあります。
その際には、サプリメントでサポートをしていくのもオススメです。

身体の中から、若年性更年期の症状改善に向けてアプローチをしていきましょう。

スポンサーサイト