汗をかいてリフレッシュ!運動で体を動かす

体の変化から来る気分の落ち込みについて。
原因であるホルモンバランスや自律神経に対し、「運動」で良い効果が得られます。

ここに運動を使った改善策をまとめてみました。
良い効果が得られる理由や、オススメの運動、アドバイスなどをご紹介します。

スポンサーサイト

運動が気分の落ち込み原因に良い理由

体の健康管理やダイエットなどで、「運動」は必ず紹介されますね。
運動は、基礎代謝や筋肉作りなど、プラスアルファの目的だけにとどまりません。

適度な運動は、血液の流れを良くしたり体の緊張をほぐしたり。
また適度な刺激を受けることにより、体内ホルモンや自律神経バランスを良くすることができます。
もちろん、心地よい疲れも感じるため、食事や睡眠にも良いアプローチになりますね。

ホルモンバランスや自律神経に効果が期待できる運動は、簡単なものでも充分です。
体をほぐしたり、動かしたりする程度。
プロのアスリートや過酷なダイエットのように、ストイックになる必要はありません。

カンタン運動をはじめよう

比較的簡単に効率よく、運動を取り入れていく方法

女性ホルモンや自律神経のバランスを良くするために。
これらの運動は、体をほどよく動かして、適度な疲れと体内調整を目的とします。
そのため「ストレッチ」や「有酸素運動」を普段の生活に加えるのがオススメです。

カンタン&手軽な運動法

  • 家の中でストレッチを行う
  • 毎朝ラジオ体操をやってみる
  • 買い物の後に30分~1時間ほどウィンドウショッピングを楽しむ
  • 電車は1駅前で下車して歩いてみる
  • 車の駐車場は入口から遠い所に停めるようにする
  • 外に出る用事がない時は、自転車や徒歩で散歩を楽しんでみる
  • 大掃除でなくとも、拭き掃除など、毎日数分の小掃除を取り入れ増やしてみる

どれもが「これも運動にはいるの?!」と驚いてしまうような手軽さですね。
ですが、この程度の運動で体をほぐしていけば充分。
これらを継続的に行うのが良いでしょう。

疲れ過ぎないことが大事

「今日は雨だから家の中で体を動かそう」
「買い物で遠出したからゆっくり楽しもう」
そして時には、「今日は忙しかったから休もう」と休息日も。
「また明日」も上手に使って、無理のない範囲で継続的に続けることが大切です。

  • ストレッチや運動では筋肉の緊張を緩めるため「呼吸を止めずに行う」
  • 有酸素運動は継続的に続けていくことで「自律神経を鍛える」役割もある

この二点も大切ですので覚えておきましょう。
効率的に運動を行い、細く長く続けていくことが重要です。

個人的にオススメしたい方法もあります。

  • ストレッチで、寝っ転がって頭から背中、お尻、手を床にくっつける。
  • そして、膝を軽く曲げたまま脚を上げてキープ。

足首や膝は両足くっつけるのがポイント!効果を高くするコツは、より脚を高くあげること。
簡単そうなポーズですが、実際やってみると心地よい刺激を感じます。

運動を楽しむためのポイント

少しずつ運動に慣れ、そして体を動かすことが楽しくなってきたら――。
ジョギングやスポーツなどで、より運動量を増やすのもオススメです。

あくまで一番大切なことは、気分の落ち込みを改善すること。
そのため、嫌々行うようでは心の負担にもなりかねません。

自分のペースに見合った運動量を続けていく、「楽しみながら運動」を意識しましょう。

スポンサーサイト