体調による気分の落ち込み対処法。1人で受け入れるか人に頼るか

原因がわからない気分の落ち込み。
体の変化からくる心の動きは、いつのまにかどんよりした気分に繋がることも。

年齢を重ねることで迎える、更年期にも似たこの症状。
それをどう受け入れていくか?というのもこれからの準備に、役立つものになってきます。

そんな気分の落ち込みに対し、一人で受け入れて向き合っていきたいと考えている時のお話です。
「これって間違った考え方?」と少し引っかかるような不安は解消していきたいですね。

スポンサーサイト

一人で受け入れるのが良い理由

体の老化からくる子宮や卵巣の機能低下。
重ねて、見えにくいストレスや生活習慣から、ホルモンバランスや自律神経が乱れる。
これにより体の変化が心の動きへと繋がり、なんとなく気分が落ち込んでしまう事がわかりました。

その症状は更年期にも似た「プレ更年期」と呼ばれるもの。
言うなれば、更年期の予行練習をしている状態とも言えます。

女性ならだれでも迎える「更年期」。
とは言え、まだ経験のない人から見ると「悲しい」「恥ずかしい」「辛い」など。
いろいろな感情がぐるぐると頭のなかを駆け巡ります。

自分なりのペースで

「人に相談するのは負担」「分かち合う良さもわかるけど、話しにくい」
こんな風に感じる人なら、一人で向き合うのも決して間違った考え方ではありません。

更年期の症状同様、気分の落ち込みも人それぞれです。
「だれかに話す」それが負担の軽減になる人。
一方で、「一人で向き合う」ことにより、心のモヤモヤが軽くなる人もいます。

自分なりに向き合って、楽しみを取り入れながら一人で乗り越える
そんな形も、良い選択肢の一つと言えます。

気分が落ち込むのは精神的なものでないという安心感

更年期に似た症状といっても、まだまだホルモンの分泌は止まっていません
子宮や卵巣は老化が始まっているものの、現役状態。
気分の落ち込みも、普段の生活習慣を見直したりするだけで、改善に大きな効果が期待できます。

一人で向き合う場合。
改善や対策を、自分の好きなタイミングにあわせて、好きなだけ行う事ができます。
じっくり考えて、ゆっくり取り組める「精神的なものが原因ではない」という安心感。
そんな安心感を得るのには、とても良い方法です。

見えないストレスを極力減らしていきながら、生活習慣を改善する。
これは、気分の落ち込みにとても良いアプローチができます。

向き合い方のアドバイス

一人で向き合う一番の目的は、心の負担を軽減する事です。

「一人でのんびり付き合って行きたい」と考える人には、ぴったりの方法と言えます。
ただ、時間とともに一人では限界を感じてしまった時。
相談をしたい、愚痴を聞いて欲しい、こんな時はみんなどうしているか話を聞きたい、など。
だれかの手が欲しくなった時には、話して甘えてみるというのが良い答えに繋がってきます。

一人で向き合うことが負担になってしまったのなら、だれかの力を借りる。
一見ちぐはぐなようですが、心の負担を軽減することが最も大切な事です。

気分の落ち込みを改善する「向き合い方の目的」を、忘れないようにするのがポイントです。

原因不明の気分の落ち込みを上手に相談していくコツ

体の変化をきっかけに、ホルモンバランスや自律神経が乱れる。
年齢を重ねることで、よくわからない気分の落ち込みを感じることがあります。

そんな気分の落ち込みに対して、だれかに相談して付き合って行きたいと思う時のお話です。
「少しでもスッキリしたいな」と考えた場合、それはやはり大きな支えとなってくれます。

だれかに相談して付き合っていくのが良い理由

嫌なことや悲しいこと、思い当たる原因がないのに、なんだか気分が落ち込む。
それは、年齢とともに始まる老化や、子宮や卵巣のゆっくりとした機能低下。
それにより、ホルモンバランスや自律神経が乱れることが原因だとわかりました。

ひとりじゃない

精神的なものではなく、体の変化からくる気分の落ち込み。
更年期にも似たこの症状は、女性ならだれしもいつかは迎えるステップです。
とは言え、まだまだ子宮や卵巣の機能もきちんと活動している年代。
見えないストレスや生活の改善をしていくことで、気分の落ち込みへの対策が行えます。

気分が落ち込んで暗くなり、一人で塞ぎこんでしまわないために。
一緒に生活をする家族や、同じ不安を抱える友人…。いろいろな人に上手に甘え、頼って、参考にしながら取り組んでいくのは、とても効果的です。

だれかに話して、心のモヤモヤを軽くしていく。
人に相談することで、不安の解消やサポートのお願いをしながら乗り越えていく。
そんな付き合い方は、これからくる更年期への準備にもなるため、良い選択肢の一つと言えます。

だれでも起こりうる自然の変化を分かち合う安心感

体の変化からくる、気分の落ち込みとの向き合い方。
それには、見えないストレスの軽減や生活習慣の改善などが鍵です。

外からの刺激による対策を取り入れる事で、私達の年代では良い結果が期待できます。
だれかに相談し、分かち合っていくことで、刺激を取り入れて見えないストレスを軽減する。
更にはその内容から、生活習慣改善への発見や良いアドバイスも手に入ります。

だれにでも起こりうる「自然の変化」を分かち合う安心感。
だれかに相談することで、得られるその安心感は、気分の落ち込みを改善するのにとても大切です。

笑ったり悩んだり、時には愚痴をこぼしたり。 人と過ごすことで楽しい時間をもつ。
これもまた、気分の落ち込みにとてもよいアプローチとなります。

上手に相談していくために、あえて1人の時間を作るのも大切

だれかに相談しながら症状と付き合っていくのは、体や心の負担を軽減する事が目的です。

「話してスッキリした」「やっぱりみんな一緒なのだ」とポジティブさが得られる付き合い方。
それはとても強い支えとなってくれます。
ですが時には、そんな付き合い方に少し疲れてしまう事も。
人と一緒にいることに疲れてしまったり、頑張りすぎて無理をしすぎてしまったり。
楽しい時間を作るためのはずが、体や心の負担になってしまってはいけません。

そんな時は無理をせず、素直に1人の時間を作るのもオススメです。
「なんだか、わがままな行動だと思われそう」と感じてしまいますが、そんなことはありません。
一緒に楽しい時間を作るだけでなく、「距離を置いて見守る」。
そんなサポートの形も、相手は考えてくれています。

スポンサーサイト