育児中はいかに「残さない」かが大切。デトックス!

育児って楽しい!子どもは100%かわいい!
そう言いきれたら良いけれど、なかなか難しいものです。

出産してから最初の2〜3年くらいは大変です。
徐々にラクになっていくとわかっているから良いけれど、それでも大変。
子どもはかわいいし毎日楽しいと感じていても、疲れやストレスは絶対にたまります。

そのときついつい考えてしまうのは、
ストレスや疲れをためずに過ごすにはどうしたら良いか
ということですが…。

正直に言うと、それは無理だと思います。
親になっても人間なので、イライラすることもあるし面倒になることだってあります。
ストレスや疲れをためないようにと考えれば考えるほど、逆にたまりやすくなると思うのです。

何よりもまず、疲れやストレスがたまっても
「まあしょうがないよね」
で済ませてしまうこと。

それから、どうしてもたまってしまう疲れやストレスをうまく発散させていくのが良いと思います。

スポンサーサイト

疲れやストレスを「残さない」ために良いと思うこと

それから、たまってしまったものを残さないためには、こんな工夫をしていくと良いと思うのです。

  • 子どもが寝ない、困ったことをするときほど、もみくちゃにして思いっきり笑わせる
  • どうにも手に負えないな、と感じたときには(安全に注意して)しばらく放っておく
  • 週に1〜2回、自分へのご褒美に好きなものを1つ食べる
  • 気候がよければ、抱っこやベビーカーで近所をあてもなく散歩する
  • 20分でも誰かに見てもらえたら、家の中のどこかを掃除してみる
  • 半日くらい見てもらえたら、電車に乗って出かけてみる
  • 冷蔵庫の中に自分の好きなものを常備しておく
  • 子どもが寝た後にお風呂にもう1度ゆっくり入ってみる

もちろん、どかっと休めたり気晴らしができれば良いものですが、そうはいかないものです。
だから、できるだけ身近で手軽な方法をいくつも持っておくのが良いのかなあと思います。

特に冷蔵庫の中身はけっこう大切な気がしています

中でも特に大切だと感じているのが、冷蔵庫の中身。

  • できるだけ体に悪くないもの
  • 食べたくなったときにさっと食べられるもの
  • 食べたらなんとなく元気が出る気がするもの

そんなものを常備しているのが良いと思うのです。

ただ、好きなものを好きなだけ食べたら良いというわけではありません。
「冷蔵庫にあれがあるからなんとかなる」という気持ちになれることが大切だと思うのです。

チョコレートも悪くないけれど食べ過ぎた…

わたしは、くるみやチーズ、オレンジジュースと栄養ドリンクみたいなサジーという飲み物を入れるようにしていました。
(チョコレートがあったこともありましたが、食べ過ぎてしまっていまいちでした…)

疲れてきたときにサッと食べることで、軽く気晴らしができて良かったと思っています。

スポンサーサイト